院長の実績

院長の実績

わたくしの、臨床、大学での教育、インプラント治療においての実績をご紹介いたします。

三枝デンタルオフィス院長

歯学博士 三枝 尚登

Hisato Saegusa D.D.S.,Ph.D.

歯医者として

日本歯科大学 非常勤講師「歯科保存学」

[学歴]
1987年 日本歯科大学卒業
1991年 日本歯科大学大学院 博士課程修了

[所属学会]
International Association for Dental Reserch 正会員
アメリカ歯周病学会 正会員
アメリカインプラント学会 正会員
アメリカ審美歯科学会 正会員

歯医者として

ーわたくしのやって来たことー

大学院を卒業後、アメリカとスウェーデンの各地を修業に回り、自分の目で確かと感じた歯科医、著名な歯科医からも、直接指導を受けることができました。
30代は技術の習得に夢中。40代は、それまでの治療の結果から、欧米の治療を日本に合った治療に改良する事に多くの時間を費やしました。
50代の今は、インプラント、入れ歯、歯周病や虫歯の治療など、すべてを[歯科保存学]的な考え方で治療しています。身体に負担をかけず、治療後の状態の長持ちを旨とする独自性の高い治療法は、「三枝メソッド」と呼ばれています。これからは、誰もが容易には歯や歯茎が悪くならないための予防法と治療法を合わせた「三枝メソッド」の構築を目指します。

大学教育において

日本歯科大学 非常勤講師

日本歯科大学は、1907年(明治40年)にわが国最初の歯科医学校として創立されました。その日本歯科大学の2番目の歯学部である新潟校で、教育・研究を行っています。
第1学年に、専門職である歯科医師の社会的使命と職責への自覚を促す「プロフェッション」を、第3学年には「歯科保存学」を教えています。

日本歯科大学新潟校での第1学年への講義の様子

2015年、日本歯科大学新潟校での第1学年への講義の様子

インプラント治療医として

1988年
最も歴史と実績のある「ブローネマルクシステム」でインプラント治療をスタート

※ブローネマルクは、世界初のインプラント治療法です。50年以上の臨床の歴史があり、世界50か国以上で1000万人以上の患者さんの治療に使用されています。

 

1996年~
ノーベルファルマ社(現・ノーベル・バイオケア社)の公認インストラクターとしてインプラント治療の講習を行う

※ノーベル・バイオケア社とは、ブローネマルクシステムのインプラントを製造するスウェーデンの企業です。
歯科医はインプラントを使用する際にメーカーの定めるトレーニングを受けなければなりません。1996年から大阪市、新潟市、高松市で、その公認インストラクターを務め始め、全国で講習を行っています。わたくしのトレーニングを経た多くの歯科医さんがインプラント治療を行っています。

ノーベルファルマ社の講師紹介冊子より

ノーベルファルマ社の講師紹介冊子より

2001年
ノーベルバイオケア社の、プラチナメンバーに認定される。(高品質なインプラント治療を行う歯科医に贈与される)

2003年~
アストラテック社の「アストラテック」法インプラントを導入。公認インストラクターとして講演活動もスタート

※アストラテックとは、ブローネマルク、ストローマンとともに、3大インプラントメーカーと言われています。骨の治癒を促進するという特色があります。

ノーベルバイオケア社からのプラチナメンバー認定証

ノーベルバイオケア社からの
プラチナメンバー認定証

2014年~
スウェーデンのイエテボリ大学、リンデ教授のサポートにより日本への供給がスタートした、スウェーデン&マルティナ社のプラチナムインプラント治療をスタート

 

スウェーデンのイエテボリ大学、リンデ教授のサポートにより日本への供給がスタートした、スウェーデン&マルティナ社のプラチナムインプラント治療をスタート