歯科インプラント治療

歯科インプラント治療

インプラントは、近年急速にポピュラーな治療になりました。しかし、本来は慎重に対応すべき特殊な治療です。インプラントを埋め込む骨や咬み合わせの状況はもちろん、全身の健康状態も合わせ見て計画した治療は、安全でしかも長持ちするのです。
またインプラントの種類も様々ありますが、より多くの部品で構成されるシステムを使うことが安全に繋がります。わたくしの医院では、基本的に、「3ピース構造の純チタン製インプラント」を使っています。この部品選びは、症状、審美性、予算を考慮しながら、患者さんといっしょに行っていきます。

インプラントの構造

3ピース構造のインプラントとは、次の3つの部分から成ります。

3ピースインプラントの構造

①フィクスチャー

骨の中に埋め込む人工の歯の根っこ(=人工歯根)です。この部分をインプラントと呼ぶこともあります。
形、表面の性状、アバットメントとの連結機構は、メーカーによって異なります。わたくしの医院では、アストラテック、スウェーデン&マルティナ、ストローマンを中心に多種のフィクスチャーを揃えています。
素材はチタン製が主流です。
チタン製には、純チタンとチタン合金のものがあります。骨とチタン製インプラントの結合に関する確かな論文では、純チタン製インプラントの研究結果が発表されています。

フィクスチャー

②アバットメント

フィクスチャーと人工歯の間にある連結部分です。
既製品、半既製品、カスタムメイドがあります。素材も、チタン、金合金、ジルコニアなど、様々です。

既製品のアバットメント

既製品のアバットメント

カスタムメイドのアバットメント

カスタムメイドのアバットメント

③人工歯

歯として表に見える部分です。
金属、セラミックなどがあります。人工歯は、従来の歯科治療に使用する素材と同じです。

インプラント治療の症例

術前の症状

小臼歯が折れ、歯の周囲の骨も溶けています。

術前の症状

インプラント手術

残っていた歯の根っこを抜いてインプラントを埋入。
溶けていた骨は、移植して補います。

インプラント手術

手術の傷が治癒

左のカバーを外すと、右のように歯茎の奥にインプラントの頭が見えます。

手術の傷が治癒

カスタムメイドのアバットメント

カスタムメイドのアバットメント

完成した人工歯

完成した人工歯

レントゲン所見

レントゲン所見

咬み合わせ完成

咬み合わせ完成

黒の点が上の歯が当たっている部分です。咬み合わせの調整に長い時間をかけます。

 

インプラントの価格

インプラントの価格は、使用するメーカー、部品の素材、人工歯の素材によって異なります。
症状と患者さんのご希望を併せて検討し、組み合わせて使用します。

フィクスチャー

アバットメント

純チタン

200,000円〜

既製品

50,000円〜

チタン合金

150,000円〜

半既製品

80,000円〜

   

カスタムメイド

160,000円〜

※治療全体の費用は、患者さんの症状・予算に応じて、治療法と合わせて患者さんと相談しながら決めていきます。